近隣地域とは規模が違う、千葉の葬儀が多い理由とは一体?

千葉県は面積も広く、人口も600万人以上と非常に多くの人口を抱えている地域です。

同時に他の県と同様高齢化も進んでおり、特に人口が減少している地域では高齢化率は高くなっています。

千葉県では葬儀を行う際に周囲と助け合いをする隣組などの組織もあり、葬儀の規模を大きくしています。

多くの人が弔いにくるという事はそれだけ大規模な斎場を借りなければいけませんし、それに伴う費用も必要になります。

家族葬などでは数人規模の葬儀になり、小規模な葬儀で問題はありませんが、隣組など機能している地域では葬儀の規模も大きくするのが自然となってしまいます。

その結果、千葉では規模の大きな葬儀が多くなってきてしまっているのです。

逆に東京近辺の地域では、職場は東京である場合もあり近隣との付き合いが薄い地域もあります。

こういった地域では葬儀の際周囲の参加が必須となる習慣を配慮する必要がなくなりますので、小さなお葬式も採用しやすくなります。

また葬儀で費用のかかる僧侶へのお布施、戒名代金に関しては相場が決まっており、僧侶の数は多ければ多いほど費用が必要となります。

戒名代金に関しては得の高い位であるほど代金が高額にあるようです。

葬儀に関して宗教であるという名目から料金が不透明であった時代もありましたが、現在ではHPなどに料金が提示されるようになりました。

小さなお葬式など小規模の葬儀が増えた分、小さなお葬式専門の会館が出来たり時代は変化しつつあります。

千葉の付き合いを重視した葬式も、現状に合ったものへ変化していくのかもしれません。

◆千葉で斎場を探す際には、ご参考にどうぞ⇒千葉の葬儀情報まとめ