地域によっては大規模になる千葉の葬儀の付き合いとは

千葉の葬儀では地域独自の周辺との付き合いが広い場合、どうしても大規模な葬儀になってしまいます。

千葉の地域では組ごとの単位で世帯がまとめられており、町内会などの付き合いがありますが、葬儀においてもこの単位は採用されます。

その為、地域で人がなくなると葬儀への参列や香典などの支払いも求められます。

また葬儀を行う側も地域の参列者にお返しをしなければならず、周囲との付き合いを前提としたものでした。

ですが現在は家族の規模も核家族化が進み、世代を超えた付き合いなどが減少傾向にあります。

その為葬儀を行う際、家族のみで葬儀を行う家庭も増えてきています。

家族葬では親しい人や家族のみで葬儀を行え、落ち着いて行えるメリットがあります。

大規模な葬儀では喪主が葬儀の参列者の食事、移動の手配、お返し、香典の管理、参列者への連絡など様々な事をしなければいけません。

喪主の負担も大きく、悲しみ時間すらない、そう感じる人も多いのです。

ですが、配偶者や親戚、子供など大切な人を亡くすことはとても悲しく、喪主の負担も大きいので『遺族外来』として病院へ行かれる方も増えています。

▲関連記事紹介・・・残された者の苦痛に寄り添う「遺族外来」

家族葬では親戚知人への連絡は必要ですが、お返しや香典管理などは行う必要がありません。

葬儀の手配など手間は非常に少なくなりますので、費用が削減出来る以上のメリットがあります。

大規模な葬儀も周辺との付き合いや世代が変わる事を伝えるなどの意味はありましたが、現在はそういった意味は薄くなりました。

また葬儀費用は大規模なものでは100万円を超える事も多く、費用を考えた上でも葬儀費用の節約は魅力があります。

家族葬はまさに地域の付き合いが薄くなった時代に合った葬儀と言えるのです。