大規模な葬儀が一般的な中千葉の葬儀でも広まった家族葬のメリット

千葉の葬儀は近隣の方も訪れる大規模な葬儀が一般的でしたが、家族や近親者のみで行う家族葬の知名度が高くなりつつあります。

家族葬は密葬とも呼ばれており、ひっそりと行う葬儀であり本人の希望で行う場合もありました。

家族葬では訪れる人も少なく、近親者のみで周囲への配慮を最小限に出来る上、葬儀の手間も小さくする事が出来ます。

その結果、葬儀の手間などの負担が喪主から減らす事が出来、残された人への葬儀負担を減らす事が出来ます。

葬儀は負担と思う、そういった認識すら禁忌とされてきましたが、現在は高齢化で葬儀代などお金を残す事すら困難になってきた時代です。

葬儀費用は少なく、ひっそりと行いたい、そういった家族が増えてきたのです。

以前は墓を守る、そういった意識も高いものでしたが、現在はお墓をなくしていく時代にすらなってきました。

お墓を守るには定期的なお世話の他、費用も必要になっており、街へ出て行ってしまう時代では困難なのです。

そういった時代の流れや、葬儀に他職種の業者が参入してきた事で家族葬への抵抗は少なくなってきました。

葬儀は世代が変わった事を周囲へアピールする機会でもあったのですが、周辺との付き合いが減少した時代では意味を持たなくなりました。

千葉でも葬儀の役割の変化と共に、それに合った形態へと葬儀も変化してきました。

現在は家族葬はどこの葬儀社でも扱うようになりましたし、専門のメニュー、プランも存在します。

今では家族葬は当たり前のお葬式になってきたのです。